バレンタインデー

透明なプラスチックケースの中に、溶かしたチョコレートでコーティングされたケーキが入っていた。
ハルヒのが円形、朝比奈さんがハート形、長門のは星形をして、おのおの表面にホワイトチョコで文字が書いてあった。
ぶっきらぼうに「チョコレート」とそのまんまなことを印しているのがハルヒで、「寄贈」と見事な明朝体を躍らせているのが長門だ。朝比奈さんのものには「義理」とあり、らしくないなと思いかけたらオマケ付きだった。急いで書いたらしい文章、「涼宮さんにこう書くように言われました」とメモられたキッチンペーパーの切れ端がケースの底から現れる。

涼宮ハルヒの陰謀 P378

イベントごとをことごとく押さえてないと気になって上の空になるというハルヒ。
そりゃあバレンタインデーのイベントにのっからないはずはありませんよね。

ハルヒたちが作った長門マンションのキッチンで作ったチョコがどんなだったか、実物見てみたいですよね。
できれば食べてみたい。

毎年 この時期がくると、アニメの3期がないことが口惜しくなります。

さて、スイーツのまち「西宮」でハルヒファンにおなじみのお店「西北洋菓子工房 シェ・イノウエ」さんが2014年に作ったSOS団チョコがあります。

ハルヒバレンタインチョコ

SOS団in西宮に集合よ の 栞ラリーを開催した西宮流とのコラボのようです。

http://nishinomiya-style.jp/haruhi/2014/02/12/chocolate/

阪中の家

阪中の家は北高から続く山道をどんどん下った坂の下にあるローカル駅から電車に乗り、さらに本線に乗り継いで一駅 行ったあたrにあるそうだ。ちょうど俺たちSOS団が毎度集合場所に使う駅とは逆方向で、俺も滅多に行くことはないが、確かなかなかの高級住宅街が広がりを見せている土地柄だった。

その辺りの地名はセレブリティがいっぱい住んでいることで有名

涼宮ハルヒの憤慨 ワンダリングシャドウ P204

ハルヒと出会ったその日

誰が忘れていたとしても、ハルヒ自身が覚えていないのだとしても、俺だけは忘れもせずに覚えている記念日だ。

ハルヒと出会ったその日のことを、俺は生涯忘れない自信がある。

記憶を失いでもしない限り、な。

涼宮ハルヒの憤慨 P162

 

野球大会

「第9回市内アマチュア野球大会参加募集のお知らせ」

この市における草野球チャンピオンチームをトーナメント方式で決定しようとかなんとか。主催や役所で、毎年おこなわれている由緒正しい催しなのだそうだ。

「涼宮ハルヒの退屈」P10

 

開催地は市営グラウンンド

対戦相手は「上ヶ原(かみがはら)パイレーツ」

不法駐輪

銀行の前まで行けば、自転車がなかった。かわりに「不法駐輪の自転車は撤去しました」と書かれたプレートが近くの電柱にかかっていた。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P160