不法駐輪

銀行の前まで行けば、自転車がなかった。かわりに「不法駐輪の自転車は撤去しました」と書かれたプレートが近くの電柱にかかっていた。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P160

川縁の道

俺たちは近くを流れている川の河川敷を意味もなく北上しながら歩いていた。一ヶ月前ならまだ花も残っていただろう桜並木は、今はただしょぼくれた川縁の道でしかない。

散策にうってつけの川沿いなので、家族連れやカップルとところどころですれ違う。

(中略)

護岸工事された浅い川のせせらぎを眺めながら朝比奈さんが呟くように言った。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P143

いつもの喫茶店

ロータリーに面した喫茶店の奥まった席に腰を下ろす謎の五人組だった。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P140

 

ここで長門が注文するのが アプリコット。

ハルヒはアイスコーヒー。

キョンはミントティー。もちろん会計はキョン。

北口駅前の描写

北口駅前はこの市内の中心部に位置する私鉄のターミナルジャンクションということもあって、休みになると駅前はヒマな若者たちでごった返す。そのほとんどは市内からもっと大きな都市に出て行くお出かけ組で、駅周辺には大きなデパート以外に遊ぶ所なんかない。それでもどこから湧いたのかと思うほどの人混みには、いつもこの大量の人間一人一人にそれぞれ人生ってのがあるんだよなあと考えさせられる。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P138

北口駅前に集合ね!

次の土曜日!つまり明日!朝九時に北口駅前に集合ね!遅れないように。来なかった者は死刑だから!

「涼宮ハルヒの憂鬱」P136

「死刑て。」というキョンのつっこみにもかかわらず、SOS団の活動がいよいよ始まります。

 

北口駅前。 景観が眼に浮かぶようですね。

 

SOS団始動

この世の不思議をよ!市内をくまなく探索したら一つくらいは謎のような現象が転がっているに違いないわ!

「涼宮ハルヒの憂鬱」P136

 

第一回SOS団全体ミーティングで発せられたハルヒ団長の言葉。

果報は寝て待て。昔の人は言いました。でももうそんな時代じゃないのです。地面を掘り起こしてでも、果報は探し出すものなのです。だから探しに行きましょう!

 

「何を?」というキョンの質問に答えたのが上の「不思議」です。

 

市内をくまなく・・・・たくさん、たくさん 市内を歩き回ってほしいですね。

長門マンション

微風に揺れるショートカットを眺めるともなく眺めながら歩いて数分後、俺たちは駅からほど近い分譲マンションへたどり着いた。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P112

 

長門の部屋は708号室。覚書。