光陽園駅前公園

電車や車の立てる喧騒を背中で聞きながら俺は自転車を押して公園に入っていく。等間隔で立っている該当、その下にいくつかかたまって設置されている木製のベンチの一つに、長門有希の細っこいシルエットがぼんやり浮かんでいた。

「涼宮ハルヒの憂鬱」P112

山の上の学校

この学校がえらい山の上にあることで、春だってのに大汗をかきながら延々と続く坂道を登りつつ手軽なハイキング気分をいやいや満喫している

「涼宮ハルヒの憂鬱」 P9

 

P252では

ナチュラルハイキングコースが学校への通学路になっている虚しさ

と描かれている。夏の暑い日のことである。